風俗求人、高級店と大衆店どっちに応募した方がいいのか

あなたは、風俗にも高級店と大衆店があるのをご存じですか。高級店なんてあるのかと驚きの女性もいるでしょう。
それぞれのお店が常に風俗求人を出しています。どちらでもいいんじゃないのと思っていてはいけません。
自分に合わせて、応募した方がいいのです。

そもそも高級店とは

風俗の高級店とは、どんなお店でしょうか。高級店は、ソープランドでもデリヘルでもあります。高級デリヘルや高級ソープといわれていて、ネット検索してもたくさん見つかります。
高級と入ってもランクもあり、男性の利用の多い大衆店の相場より、少し高いくらいのところから、1時間で最低数万円以上となる超高級まであります。
それほどの超高級だと、富裕層専門となってくるのです。

大衆店と高級店の基準の違い

大衆店では、そのお店やキャストの雰囲気にあっていたり、コンセプトに合っていたり、やる気があれば採用されやすいです。
高級店になると、まず顔とスタイル、そして年齢がかなりチェックされます。高級店ではレベルを揃えていると言うのもコンセプトなので、容姿やがよくないと厳しいです。スタイルは身長や胸があれば越したことありませんが、ぽっちゃりなどだと崩れているからと不採用になりやすいです。また、最近では30代以降の女性も増えていますが基本的には20代中盤までが好ましいとされています。

さらに超高級店ともなると、富裕層など地位の高い男性に会う確率も高くなるので、ある程度マナーや話し方などがきちんとしている女性を採用します。ですので、風俗とはいえ企業並みに面接でのチェックが厳しくなります。

自分に合わせて応募すること

大衆店では手軽に、高級店では容姿、中身が必要とだいぶ応募の基準も変わります。
採用されるためには、自分に合いそうなお店を選ぶことが大切なのです。

関連する記事